タイトル写真

入れ歯や装置の歯石

院長 田中です。

 

入れ歯や矯正の装置を使用していると、

唾液の中のカルシウム成分が固着して、

歯石のような硬いものがこびりついてしまうことがあります。

人体に害を及ぼすようなものではないですが、

ついていると、さらに汚れがつきやすくなったり、

見た目にもあまり良くありません。

歯科医院では、業務用の専用の洗浄剤があるのですが、

ご家庭でもこの歯石のような汚れを落とすことができます。

 

入れ歯には“入れ歯爽快”、矯正の装置には“矯正クリーン”

という洗浄剤があります。

 

右の写真は矯正装置ですが、矯正装置表

きれいに使っていただいているのですが、

 

 

 

 

 

裏を見ると、矯正装置裏

きっと形が複雑なので、お手入れがしにくいのだと思われるのですが、

 

 

 

 

矯正装置裏、拡大

白っぽい色や黄色っぽい色の歯石のようなものがついています。

 

この歯石汚れは、歯ブラシでは落とすことができません。

何か硬いものでゴリゴリやれば削れてとれるのですが、

入れ歯や装置の樹脂もキズつけてしまいます。

 

キズがつくと、また汚れも付きやすくなります。

 

そこで、この洗浄剤ですが、矯正装置裏洗浄後

粉末を水かぬるま湯に溶かして浸けておくと、

かなりきれいに歯石汚れが溶かされてきれいになります。

 

 

 

矯正装置裏洗浄後、拡大

右の写真は洗浄後の装置です。

 

 

 

 

 

 

成分は、カルボン酸、クエン酸、リンゴ酸、スルファミン酸などの酸です。

電気ポットの白い水垢を取り除く洗浄剤の成分によく似ています。

原理としては、両方とも固着したカルシウム成分を

酸の力で溶かしてしまうものなので、

似たようなものだと思います。

 

歯石汚れのつき方は個人差があります。

汚れが付きやすい方は、日常のお手入れの一つとして

ご使用を検討されてはいかがでしょうか?

 

この投稿へのコメント


CAPTCHA